玄関ドアの防犯対策を実施しよう

少しでも外出しても入り口のドアをロックしたままにしますか?

実際には、泥棒や泥棒の侵入は、しばしばロックされていない入口や窓から直接入ります。

それに加えて、バールでドアを壊すことによる侵入、ピッキングと呼ばれる特殊工具による侵入、ドアの穴を開けた貫通などの様々な被害が報告されている。

そこで、泥棒や泥棒の侵入経路と思われる玄関扉の防犯対策について説明します。

出入り口からの侵入を防ぎ、セキュリティを強化する方法を見てみましょう。

脆弱な水疱の影響を受けやすい家は何ですか?

鳥類に脆弱な家庭の犠牲者に傷つきやすい理由があります。

つまり、泥棒は「入るのは簡単か、逃げやすいのか」に基づいて判断しています。

泥棒は、犯罪が短期間に行われるかどうかを慎重に検査する。

特に、夕方に入り口と室内電灯が絶えず点灯しない場合、盗人は「この時この家には人がいません」と判断し、家に侵入します。

また、大量の新聞や郵便物が郵便箱に残っていると、犠牲者が出ていると判断する目印になるでしょう。

数日であっても、メールボックスが引っかからないように注意する必要があります。

特に戸建住宅の場合は、フェンスや植樹にも注意を払いましょう。

理由は、園芸家や泥棒のために通行人からのビジョンを庭園の木などで作っているからです。

泥棒が隠れやすい場所がたくさんあると、家に侵入するのは簡単です。

盗難に脆弱な家庭では、確実な防犯対策が必要です。

だから、玄関口にはどのような安全対策がありますか?

玄関での防犯対策①

私は、鳥や泥棒が「入りやすく、逃げやすい」ことを防ぐためにできることから始めたいと思います。

玄関ドアのセキュリティを高めるためにキーを変更しましょう。

何年も前に取り付けした古い鍵で鍵をロックしても、空の泥棒や泥棒をさまざまなツールを使って簡単に破壊することができます。

入り口キーが古い場合は、セキュリティが早すぎるキーに交換することをお勧めします。

玄関扉の防犯では、特に挟み込みなどの被害対策が多いことから、電子ロックに切り替わる住宅の数が増加し始めている。

電子ロックは、主に電気を使用することによって、ロックおよびアンロックの鍵です。

暗証番号、指紋認証、カードキーシステムの3種類があります。

・録音回数……朗読番号のみに反応があり、何度も盲目的に入力するとロック機能が働きます。

鍵のように取り出す必要はありません。使用する人の数が増えても、多数の人の鍵を用意する必要はありません。

暗証番号を定期的に変更することで、防犯をさらに強化することができます。

・指紋認証……登録されている指紋にのみ反応があり、暗証番号を記憶する必要はありません。

登録指紋情報によるセキュリティが優れていることに加えて、キーを出し入れする必要がないため、紛失の心配もありません。

・カードキー……オフィス、賃貸マンション、ホテルの多くの用途では、カードを持っているだけでロックやロック解除ができますが、持ち運びの容易さから失うのは簡単ではありません。

あなたがそれを失ったとしても、登録して再び変更することができます。

リモコン機能があるので、戸外にいてもリモコンが可能です。

玄関での防犯対策②

住宅が戸建ての住宅所有者ではない賃貸/マンションの場合、補助戸を追加することによって玄関ドアの防犯を強化することができます。

泥棒は鍵をもっと開くのが嫌いです。

なぜなら、犯罪者が時間がかかっていると、発見の可能性が増すからです。

あなたの目にはたくさんの鍵があることが分かっているならば、泥棒にそれを示すことができます。「玄関ドアの犯罪防止のために、毎日あなたはすべてのことをやっています!

“Wando two lock、three lock”という言葉からわかるように、取り付けされているキーの数が増えると、玄関ドアのセキュリティが向上することに注意してください。

ちなみに、補助錠の価格は約25,000円です。

ロックの本体を購入する方が簡単ですが、補充費と建設費は安く抑えられていますか?

玄関の周りでできる犯罪防止対策

玄関玄関での防犯に続き、防犯措置に「防犯砂利」を置くことが次の目玉です。

あなたが入り口から玄関の近くまで砂利を広げると、ドアの玄関から犯罪防止につながるでしょう。

「犯罪防止砂利」の利点は、人が砂利が広がっている場所を通り過ぎると大きな擦れ音を出し、違法侵入者に知らせることです。

泥棒の犯罪を防ぐためのものではなく、意外なアイデアで泥棒の働きかけをした人々も防犯効果があります。

ガーデニングなどで敷くことで豊かな日陰を作ることができる素材として、防犯の他にも砂利が注目されています。

また、ガーデニングのトラブルである雑草を取り除く作業を軽減するメリットもあります。

また、夜間灯などを人感センサで設置することは、玄関扉の玄関口の防犯にも有効です。

夜間でも入り口を照らすので、防犯以外の用途としてメリットがあります。

足が明るいので、特に高齢者が外出するときに、落下の危険を防ぐことができます。

ガレージガレージと入り口の近くに設置すると、車に入るときに人形にならず、事故防止にも役立ちます。

これは、電気を充電しないソーラーライトやワイヤレスヒューマンセンサーで一般的です。

手頃な価格で約2〜3千円の価格ですが、太陽光のLED電球であれば、半永久的に使用し続けることができます。

まとめ

今回は、泥棒や泥棒の被害を受けやすい玄関ドアの防犯対策について話しました。

住宅が焼き付きやすく、住みにくい家があります。

玄関ドアの扉の防犯対策をして、敷き材が入りにくい家にしましょう。

入り口の周りに砂利などを広げることで、空の鳥が近づくのを難しくすることができます。

また、玄関口の防犯対策では、防犯能力の高いキーと補助キーを取り付けることをお勧めします。

鍵の交換や補助鍵の取り付けについて確信が持てない場合は、鍵交換担当者に作業を依頼してください。

豊富な知識と経験で、私たちは正確に鍵を交換して取り付けします。

関連記事

ページの先頭へ